FXの口座開設の流れ

FXを始めるときには、FX取引会社に口座を開く必要があります。口座の開設は、各会社のホームページから簡単にできるようになっています。

 

まずFX取引会社をどこにするか決めます。そして、そのFX取引会社のサイト内に、「口座開設」のフォームがありますので、そこから手続きを行います。

 

オンラインであれば、口座開設の申し込みから入金、取引開始までが約1週間でできるでしょう。

 

口座開設フォームで必要項目を入力して送信すると、取引会社から受付メールが送られてきます。次に、本人確認書類など必要書類を、メールやFAXなどで送ります。

 

審査後に口座開設完了のメールが届きます。後日、口座番号やID、パスワードなどの必要書類が郵送で届きます。

 

取引会社の指定口座に資金を入金して、入金が確認されると取引ができるようになります。

 

口座開設はオンラインだけでなく、郵送でも申し込みができます。

 

FX取扱会社の中には、証券会社やネット銀行などもあり、預金や投資などで既に口座を持っている人も多いと思います。そんな金融機関にFXの口座を持つのも良い方法です。

 

ただし、銀行口座があっても、FX専用の口座は新たに作らなければなりません。しかし、本人確認審査などの手続きが簡略化されますので、メリットは大きいでしょう。


口座の選び方

FXでは、実際に証拠金を入金する口座が必要ですが、実に様々な会社があり、手数料やスプレッド、スワップ金利もそれぞれ違います。

どのように会社を選べばよいか迷った時は、FX会社を比較しているサイトで選ぶのも良いでしょう。Foreign exchange margin trading。

おすすめ情報サイト

業務用ウォーターサーバー販売:人気のウォーターサーバーならここがおすすめ。


このページの先頭へ戻る