FX取引会社を手数料で選ぶ方法

FXを始めるときに、FX取引会社を選ぶ方法として、手数料で選ぶ方法があります。FXでかかる手数料には、取引手数料とスプレッドの2種類があります。

 

取引手数料とスプレッドは、FX取引会社によって違っています。手数料でFX取引会社を選ぶときの注意点をご説明しましょう。

 

最近は、取引手数料は無料というFX取引会社が多くなっています。頻繁にトレードを行うつもりの人なら、取引頻度が高くなりますので、取引手数料は無料の会社を選ぶのが有利になります。

 

スプレッドは、売値と買値の差のことですが、外国為替取引に特有のものです。売値と買値に差を設けることで、差額がFX会社の実質的な外貨売買手数料になっているのです。

 

スプレッド幅は狭い方が有利になります。取引手数料が無料、スプレッド幅が狭いという会社が、トレードには有利になります。

 

インターバンク市場では、スプレッドは市況に応じて変化します。それに合わせて、FX取引会社のスプレッドも変化するのですが、最近は固定スプレッドとしている会社も増えています。

 

変動スプレッドの場合は、取引する時間帯やタイミングによって、値に開きが出てしまいますが、固定スプレッドであれば、いつトレードしても実質のコストが増大する心配がありませんから、安心してトレードできるのです。


皆さんは暑中見舞いや残暑見舞いを送る時期はご存知ですか?

葉書を送る際の書き方やマナーも載っています。


このページの先頭へ戻る