会社によって違う通貨ペアから取引会社を選んでみよう

FX取引会社を選ぶ方法として、取り扱っている通貨ペアで選ぶ方法があります。FX取引会社で取り扱う通貨ペアは、会社によってかなり違っています。

 

FXの取引を始める場合は、まず自分がどのような取引をしたいのかによって、通貨ペアを決めることになります。

 

取引スタイルとして、短期間で為替差益を狙うのか、長期間でスワップ金利を狙うのかで、通貨ペアは変わってきます。

 

短期で為替差益狙いであれば、変動幅が大きい通貨ペアを選ぶ必要があります。長期でスワップ金利狙いなら、スワップポイントが高くなる通貨ペアを選ばなければなりません。

 

そのためには、通貨ペアの通貨の特性を理解する必要があります。

 

FX会社が提供している通貨ペアは、大きく2種類に分けられます。
・ドルストレート通貨=米ドルが交換相手となる通貨ペア
・クロス通貨=米ドルを交換に介在させない通貨ペア

 

世界の外為市場では、基軸通貨である米ドル取引が中心となっていて、すべての為替取引に米ドルが介されています。

 

そのため、最初は情報量も多い「米ドル/円」で取引するのが一般的でしょう。

 

慣れてきたら、流動性が高いユーロや英ポンド、豪ドル、などを考えてもよいでしょう。

 

さらに取引に慣れたら、マイナー通貨や外貨同士の通貨ベアを選ぶことを考えるのも方法です。



このページの先頭へ戻る